コンフィデンスマンJPの脚本家の代表作や受賞歴がすごい!面白い作品も多い!

   

2018年4月開始の新ドラマ「コンフィデンスマンJP」。長澤まさみさんが主演の月九ドラマということで期待している方も多いのではないでしょうか。

フジテレビは最近ドラマが不調ですが、コンフィデンスマンJPの視聴率はどうなるのでしょうかね?ドラマは脚本が大事ということでコンフィデンスマンJPの脚本家が誰なのか調べてみました。

Sponsored Link

コンフィデンスマンJPの脚本家は誰?

2018年4月9日放送開始の新ドラマ「コンフィデンスマンJP」は痛快コメディというジャンルになるようです。

簡単なあらすじを紹介すると、長澤まさみさんは信用詐欺師で、悪徳な富豪を騙してお金を奪い取って懲らしめるという感じの話らしいです。

奇抜な策や計画を用いて悪い金持ちにギャフンと言われるということでスカッとするようなドラマになっているみたいですね。暗いドラマとか難しいドラマではないようなので分かりやすくて人気になりそうですね。

このドラマの脚本家は古沢良太さんです。

コンフィデンスマンJPは原作のない作品で古沢良太さんのオリジナル作品となるようです。私はこの方の名前は聞いたことがなかったのですが、かなり有名な方でいろんな作品を担当していて、かなりすごい人らしいですよ。

コンフィデンスマンJP 脚本家

コンフィデンスマンJPの脚本家がすごい!

wikiとかを見たのですが、古沢良太さんはかなりすごい作品を担当していて、当代随一の脚本家とも言われているそうですよ。

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で日本アカデミー賞を最優秀脚本賞を受賞したり、『探偵はBARにいる』いるで日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞しているそうです。

ドラマでは『リーガル・ハイ』や『ゴンゾウ 伝説の刑事』の脚本をしています。高満足度脚本家1位も獲得したことがあるそうですし、かなり高く評価されているそうです。

リーガルハイとかもかなり面白かったし、コメディドラマを作るのが得意みたいです。今回のコンフィデンスマンJPは古沢良太さんの3年ぶりのオリジナルドラマということで期待も高まっているそうです。

古沢良太さん自身は人付き合いが苦手なんだそうですが、人を楽しませるのが好きということで楽しい作品を作るのが好きらしいので、今回のコンフィデンスマンJPも楽しい作品になるのではないでしょうか。

Sponsored Link

コンフィデンスマンJPは面白い?期待できる?

コンフィデンスマンJPについてはネット上では楽しみという声も多いようです。長澤まさみさんと東出昌大さん、小日向文世さんというキャストもいいですし、コメディということで多くの人が期待しているようです。

最新の情報によるとゲストとして、石黒賢さんや佐野史郎さん、かたせ梨乃さんが悪役の富豪を演じるそうです。癖のある悪役に対して3人がどう立ち向かっていくのかというところが見どころになりそうですね。

フジテレビの月九は微妙な作品で低視聴率な作品もたまにありましたが、今回のコンフィデンスマンJPは高視聴率も期待できるのではないでしょうか。

かなり面白そうなので私も見てみようと思います。

 

 - ドラマ , , , ,